「あなたのお話をお聞かせください・・・」
当院では、治療に入る前に必ず患者様のお話をよく聞く様にしています。今どのような痛みがあるのかということだけではなく、何にお困りなのか、どのような悩みを持っているのか・・・そして、どのような状態を望んでおられるのか?その様なお話をお伺いすることから始めています。
 そして、それらの悩みの解決方法を提案するために、必要な検査を行います。検査結果を踏まえた上で、今かかえている問題を解決するためのいくつかの方法をご提案します。
 どの様な方法があるのか、そのメリットとデメリットは何なのか、どれくらいの期間が必要なのか、どれくらいの費用が必要になるのか・・・そういったすべての情報を提供することで、治療に対する疑問と不安を取りのぞき、十分に納得していただいてから、治療を開始するようにしています。
毎回これから行う治療について開始前にご説明をします。また、その日の治療が終われば本日の処置内容と次回の予定をお伝えします。

お客様には明るく親しみやすい笑顔でお答えいたします。

痛みのある場合は、痛みをとることを最優先しますが、集められた情報をもとに治療計画を作成します。場合によっては今かかえている表面的な問題だけでなく、患者様一人ひとりにあった、一生自分の歯を使っていただけるための将来を見据えた治療についてもご説明させていただきます。そのために、カウンセリングルームをご用意しました。個室なので、ゆっくり安心してご相談が出来ます。

おおかど歯科医院では、「安全・安心・やさしい治療」というコンセプトのもとに診療を行っております。そして、それらをカタチにしたものがこれらの医療機器です
デジタルエックス線装置
当院では、デジタルX線装置による撮影を行っております。画像処理技術により正確な診断が出来るだけでなく、チェアサイドのモニターにより拡大してみることもでき、「わかりやすい」と好評です。また、通常のレントゲンに比べX線の被爆線量が1/10程度と大幅に減少したことで、患者様の体にもやさしくなりました。
炭酸ガスレーザー
出血をさせずに悪いところを除去することができ、体に大変やさしい治療器です。痛みをやわらげたり、腫れを抑えることも麻酔なしで出来るスグレものです。
虫歯に照射することでその進行をくいとめたり、歯周病治療にも有効です。虫歯予防にフッ素と併用して使うだけでなく、歯の漂白(ホワイトニング)や歯ぐきの黒ずみをとることにも効果があります。
使用に際しては、安全のため、ゴーグルをかけてもらいますので、すぐわかります。
レーザーは治癒が早く傷跡も残りにくいため、好んで使っていますが自分の腕が上がったと錯覚するくらいの効果があります。
レーザー虫歯診断機(ダイアグノデント)
レントゲンではわからないような小さな虫歯の深さまで診断できるレーザー虫歯診断機です。歯に軽く触れるだけで、全く痛みを伴うことなく瞬時に虫歯を発見できます。早期発見により、歯を出来るだけ削らない治療が可能になりました。
口腔内カメラ
直接見ることの出来ない口の中の様子をリアルタイムにモニター上で見ることが出来ます。拡大して写せるため、肉眼では見えない様な小さな異常も発見できるすぐれものです。あまりに見えすぎて困ってしまうこともあります。
電動式麻酔注射器
 シール状の表面麻酔をした後に、電動式の注射器で麻酔をすることで、ほとんど痛みを感じることがなくなりました。極細の針を使うことで痛みを抑えられるとともに、少しずつゆっくり注入するため麻酔薬の使用量を抑えることが出来ます。注射中に流れる「ピノキオ」の主題歌「星にねがいを」のメロディーが眠気を誘うようです。
そのほかにも、数多くの工夫をしております。少しでも患者様の負担を軽減したい・・・そのような気持ちで日々診療にとりくんでおります。

炭酸ガスレーザー
ダイアグノデント

今の痛みを取り除くだけでなく、将来にわたりお口の健康を維持するための治療法の提案を行っています。
当院では位相差顕微鏡を用いた口腔内細菌の検査により歯周病の治療を行っております。外科的な処置による治療にくらべ、薬を併用した歯周病治療は患者様の負担を大幅に軽減することが可能になります。歯周病原因菌の除菌により、その後のメンテナンスも楽になります。
また、かみ合わせの不具合を調整することで、自分の歯をより長く保つことが出来ます。お口の中の健康だけでなく、身体の健康にもつながりますので、チェックすることをおすすめしています。
発育途上のお子様には、きれいな自分の歯で一生噛めるようにお手伝いをしたいと考えております。そのために「こじかクラブ」をご用意しました。

おおかど歯科医院では、患者様に安心して治療を受けて頂くために、また私たち自身がより良い仕事ができるように、滅菌や消毒といった感染対策に積極的に取り組んでいます。
 エプロンからタオル、コップまで可能な限り使い捨て(ディスポーサブル)を使用しています。手袋もひとりの患者様に何組も使用しますし、治療に用いる器具類は個別に滅菌パックしており、使用する直前に開封するようにしています。開封時に「ビリッ」と大きな音がするのは私たちの診療に対する安心の証だと考えています。
 また、これらの滅菌作業を支えているのが2台の高圧蒸気滅菌器です。左の歯科用に比べてはるかに大きな機器を用いることで、これらの滅菌処理が可能になりました。あまりの大きさに、見た人はみんな驚いています。
 当院では待合室は土足ですが、診療室にはきれいなスリッパで入ってもらうようにしています。一度使用したスリッパは全て回収し、消毒した後に紫外線殺菌灯のついた棚に保管されております。こういったところにも細かな配慮をしております。

ここに来て、先生やスタッフの笑顔を見たら痛みを忘れてしまう・・・
そんな笑顔でいつも接することが出来ればいいな!
それが私達スタッフの共通の想いです。